Sunday, June 17, 2007

和を持って尊しとなす

<朝鮮総連本部売却>公安庁職員が仲介者を元長官に紹介
6月17日3時6分配信 毎日新聞

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部の土地と建物の売却問題で、売買を仲介した元不動産会社社長の男性(73)を緒方重威(しげたけ)・元公安調査庁長官(73)に紹介したのは、公安調査庁の現職職員だったことが関係者の話で分かった。検察当局も、こうした関係を把握している模様だ。仮装売買が疑われる当事者の関係構築に現職が関与していた実態が浮かんだ。
 この職員は、主に国外の公安動向の調査を担当する「調査第2部」に所属。北朝鮮関係の情報収集・分析は2部が扱っており、朝鮮総連も調査対象としている。緒方氏も84年から86年まで2部長を務めた。

元公安調査庁長官の緒方重威と元日弁連会長の土屋公献がつるんでいたのも驚きましたが、朝鮮総連を調査対象とする現職の公安調査庁の職員も仲間ですか・・・ eek

警察を取り調べるのは公安だと聞いた事が有るんですが、公安は何処が捜査するんでしょう?
自衛隊でしょうか? eusa_think

「和を持って尊しとなす」と言うのは、聖徳太子が定めた十七条憲法の条文ですが、その精神は今も日本に生き続けています。 exclamation

公安と朝鮮総連、検察と弁護士、警察とヤクザ、与党と野党、マスコミと行政等の権力。みんな同じ穴の狢で、実は仲が良い、運命共同体の仲間です。 Sad_B
そして、出来レースでガス抜きをしています。 mad

聖徳太子や徳川家康が一番悪い奴に見えて来ました。 mrgreen

1 comment:

シークレット・エージェントマン said...

CIAにでも取り調べをして貰った方が良い。
実際にそうであれば、既にそんな情報は掴んでいるかもしれない。
アホは日本国民だけかも・・・(笑)